女性

精神不安定を改善する~バランスサポーター~

気分の対処

女性看護師

不安定な時の過ごし方

精神不安定になっている時の状態は、できるだけ静かな場所で安静に過ごす事が良く、あまり複雑な事や精密な作業は控えることが大切です。とはいえ、私たちの生活においては普通仕事で様々な複雑な作業をこなさなければならなかったり、あるいは複雑な人間関係を円滑にする必要がある場合がほとんどです。そうした中で、なかなか休養を思うように取る事ができなかったり、面倒な人間関係のトラブルに巻き込まれてしまったりしてやむを得ず精神不安定な状況に追い込まれてしまう人も少なくありません。こうしたジレンマを解消するためにも、人間関係に関する接し方を工夫したり、あるいは仕事において面倒な作業の効率を良くする方法について考案したりする必要があります。それがまた更なるストレスになってしまい悪循環が発生して精神不安定になる事さえあります。精神不安定になる状況は、なんども上記の様な悪循環が繰り返されて起こっている結果でもある事が多く、その悪循環の繰り返しに気がついていないとなお原因が複雑化してしまい解決が難しくなってしまう事さえあります。こうした複雑な原因を解決してゆく事が大切で、多くのトラブルや仕事での問題などは努力して改善する必要があるものもの少なくありません。ところが精神的に疲弊し、様々な事情において疲れ切ってしまっていると努力がなかなか続かない場合もあります。努力が続かない事で自己嫌悪してそれがまた悪循環になる事もありますが、努力が続かない場合は「無理に努力を続けなくても良い」「上手くいかなくても良いと思い込む」事も大切だとされています。これは多くのカウンセリング関連の書籍などでも解説されていますが、人間は「努力しなくても、努力している」と言われているからです。

神経の状態を整える

「努力しなくても、努力している」というのは、一見すると文章上では堕落しているというようにも捉える事ができます。しかし、実際人間は物事に真剣に取り組んでいない時でも、問題やトラブルについて無意識的に考えて解決をしようとする機能が働いています。大げさな例ですが、例えば「難しい問題が発生したから、旅行に行った」という行動を取る人がいたとします。一見するとこの人は遊びほうけて現実逃避をしているようにも思えますが、しかし人間はどんなに遊んでいてもトラブルだと認識している事は脳裏に残っており、考える能力が備わっています。いつまでも遊んでばかりではいけませんが、しかし私たちにとって仕事を円滑に進めたり、成功をするためには適度な休養が必要であり、単に努力を継続するだけでは上手くいく事も上手くいかない場合があります。また多くの精神病は休養を十分に取る事で症状が改善するとも言われています。これは休養を取ることで改めて自分と向き合ったり、問題を解決しようとする能力を生かしている証拠でもあると言えます。休養を十分に取って精神状態や、脳の神経回路の状態をしっかり整えてから仕事を行うと、思わぬ成果を発揮する事ができる事があります。スポーツ選手などは数ヶ月の休養を取り、復帰した時に大きな成果を挙げる事ができたという話を良く聞きますが、努力ばかりではうまくいかない時には休養を取りリフレッシュする事が有効になっている裏付けとも言えるでしょう。そのため精神不安的の時にはしっかりと十分な休養を取り、精密な作業を避けたり、複雑な人間関係から離れて距離を置くことも非常に大切な事だと言えるでしょう。