女性

精神不安定を改善する~バランスサポーター~

気持ちが不安定な時の対処

中年女性

気がつくと変わる

多くの人は何かのコンプレックスを持っており、深層心理では深い部分で無意識的に気にかけています。普段の生活においてコンプレックスに触れる言動や出来事があると、人は自分のコンプレックスを強く意識してしまう切っ掛けとなってしまうため自己嫌悪してしまう事があります。この自己嫌悪が多くの精神不安定を作り出す引き金的な要素となっており、精神病や人格障害の温床に繋がる可能性もあるのです。多くの精神病は精神不安定になる事が因果関係として絡んで発症しているものも少なくありません。一方で、精神不安定はあまり影響する事なく病気と診断されるものとしては、幻覚を見るなどの症状があります。こうした幻覚を見る症状の場合もいずれ精神不安定を引き起こす可能性があるため、相互的に発生原因としての繋がりがある場合もあります。不安定な時には、自分が今現在精神不安定になっていると気がついた場合に変化してゆくタイプの不安定さと、気がついても変化しないタイプの不安定さとがあります。気がついた場合に変化してゆくタイプの不安定には、深層心理の中にある「心の傷」といったカウンセリングで治療を行うタイプの原因が考えられます。他の場合には、脳の萎縮や神経障害などの原因が考えられます。詳しい治療方法については、人により様々な症状や因果関係がある場合も多いため医師に相談を行う事が大切です。人間は一般的にたくさんの人と接する事ができるよう、ある程度取り繕って生活をしています。しかしある程度深い付き合い方をするようになると、恐れを抱いたり自分も考える事ができなかった自分の性格と向き合わなければならない事があります。そうした自分に気がつく事も、また癒やしのためのひとつのステップであると言われています。

不安定な時は無理をしない

精神不安定を感じた場合にはあまり無理をせず、ひとまず自分自身を大切にすることができる環境を作ってゆっくりと休養を取りましょう。十分な休養を取る事は全ての精神病の治療や、精神的な状況改善にとって大切な事です。そのため自分を大切にしましょう。色々分かってもらいたい事もあるかもしれませんが、まず一旦落ち着いて状況を整理し、冷静な判断ができるような状態にする事が大切です。複雑な人間関係から少し距離を置いたり、自分一人になって冷静に自分自身と向き合うことができる環境に置いていると、環境が変わった事によって不安定さを改善させる事ができる場合もあります。ただ、一人になることでさらに不安を感じてしまったりする場合もあるので、このような場合にはあまり一人にならずできるだけ親族や親しい友人らと楽しい会話をして過ごしたりする事を心掛けるようにしましょう。この社会は自分にとって無理しない環境を作る事も大切であると言われています。例えば職場の環境が良くないと感じている場合には、自分自身の対応も、周囲の対応も関連している可能性が考えられるのです。例えば自分が自己主張がほとんどしなかったり、逆に自己主張しすぎてしまってトラブルが生じている事もあります。他にも様々な因果関係が関連している事がありますが、人間関係によるトラブルは自分の性格と周囲との環境によるものなので複雑な関係性が作り上げられています。こうした状況ではどこに原因があるかもわかりにくいため不安になりますが、しかし逆に言えば意外と身近に解決方法があるとも限りません。無理しすぎず、少しずつ前向きに状況改善するための方法を模索してみることも不安定さを解決するために重要であると言えます。