女性

精神不安定を改善する~バランスサポーター~

精神的な不調

医療

症例が増える事

精神不安定は、実の所様々な要因が引き金となり得ます。何らかのショッキングな出来事はもちろんのこと、継続的にストレスがかかっている場合にもある時点からこのような精神不安定の症状が現れることが多いです。女性に限っては、生理や妊娠も見過ごせない要因と言えます。また、睡眠不足や食生活の乱れも時に精神不安定を引き起こすことがあるのが厄介な点です。事故や肉親の死といったアクシデントに見舞われた場合には、少なからず心が乱されます。フラッシュバックと呼ばれる現象がその後も続くことがあり、精神不安定に陥りがちです。精神科や心療内科では、こういった場合に精神安定剤などを用いて治療します。通常は時間の経過と共に症状が軽快しますが、場合によってはかなり長期間精神不安定状態が継続することがあるのが一つの問題です。最近では、仕事や人間関係でのストレスを抱えている方が非常に増えています。こういったストレスは例え軽度であっても、さらされる期間が長引くと精神的にも様々な症状を引き起こすのが特徴です。蓄積したストレスが思わぬ形で現れてくることが多く、精神不安定の大きな誘因となっています。睡眠不足や食生活の乱れが加わると、心身のバランスも崩れ症状はさらに悪化するのが常です。現代人に多い糖質中心の食事は、実際精神不安定状態を招きやすいと考えられています。ですので、精神不安定は現在誰にでも起こり得る症状です。今後は、今以上に精神不安定状態を抱える方が増えていくと予想されます。

疾病の場合

精神科や心療内科では、専門医が様々な方向から患者の症状を観察します。精神不安定の場合にも、考えられる誘因や症状などから大凡の判断を下すのが常です。症状に特異的な所見が見られる場合には、病気の存在が疑われることもあります。うつ病や統合失調症などは、特に精神不安定症状の出やすい病気です。ですので、病気を見逃さないように医師は慎重に診断を行なっていきます。特に病気が関係していない精神不安定の場合は、ある程度自分の考え方を変えることで改善出来ることがあります。精神医療の現場では、こういった時に認知行動療法などを適用するのが一般的です。ストレスの原因となっている原因を把握することで、アプローチ法を見つけるのがこのような療法の目的と言えます。例えば、様々な不安を抱えて精神不安定に陥りやすい方の場合は、不安の対象を明確にすることが重要です。適切な準備で不安が減らせることを本人が認識すれば、無暗に精神不安定になることもなくなります。あるいは不安を持っても問題が解決しないということを、本人に自覚してもらうのも時に有効な方法です。不安は考えだすときりがないことがほとんどであり、ポジティヴな前進力も時に奪われてしまうことがあります。こういった悪循環に歯止めをかけることが精神医療の大きな役割です。歪んだ認識や要らぬ不安などをカウンセリングなどを通して修正していくことが出来れば、精神不安定の症状も改善すると見込まれます。様々な方法で心の安定が得られるのが、最近の精神科や心療内科です。